シックボーとは?ルールと遊び方を徹底解説|カジノゲーム

シックボーとは シックボーとは、ディーラーが3つのサイコロを振り、その出目の数字や組み合わせを予想してベットするカジノゲームです。別名「大小(だいしょう)」や「タイサイ」などとも呼ばれています。 出目の組み合わせで様々な賭け方がありますが、基本的には数字や組み合わせを予想するだけのシンプルなゲームで、アジアを中心に絶大な人気を誇っています。 シックボーのルールとゲームの流れ シックボーのルールは「3つのサイコロの出目を予想してベットする」のみです。 ここでは、シックボーのルール及びゲームの流れを解説します。 1.出目を予想する シックボーは自分が賭けることからスタートします。まずは、ディーラーが振る3つのサイコロの出目を予想しなければなりません。 勝率を上げるための「確率論による賭け方」などありますが、初心者の方は「賭け方の種類と配当」を必ず覚えておくようにしましょう。 賭け方によって、配当倍率も大きく異なってきます。 2.予想した数字、組み合わせにベットする 出目の予想が完了し、賭けたい数字または組み合わせが決まったらテーブルへ賭けたい額のチップをおきましょう。 ベットできる制限時間が設けられている場合は、ディーラーの「ベット終了」の合図まで自由にチップを賭けることができます。 3.ディーラーがサイコロを振り勝敗の確定 ディーラーが3つのサイコロを振り、出目が確定します。その出目とあなたの賭けたパターンを見比べ、勝敗の確定となります。 当たった場合はその分の配当を得ることができ、外れた場合はベット額を失います。 シックボーの賭け方 シックボーのルールは簡単ですが、賭け方は様々な種類があります。数字の組み合わせや特定の数字に絞った賭け方にはそれぞれ名称があり、配当もそれぞれ異なります。 ・「大or小」 大or小は名前の通り、3つのサイコロの合計が大か小を予想してベットする賭け方です。サイコロの出目が「4〜10」は小、「11〜17」は大となります。 配当はシックボーにおいて最も低い「2倍」です。 注意点が一つあり、3つのサイコロ全ての出目が同じ「ゾロ目(2,2,2など)」が出た場合は負けとなります。 ・「シングル・ストレート・ナンバー」 シングル・ストレート・ナンバーは、3つのサイコロのうちプレイヤーが賭けた数字のいずれか一つでも当たれば勝ちとなる賭け方です。プレイヤーの賭けた数字が複数出れば配当が増え、MAXはゾロ目が出た場合の「4倍」となります。 (例)「2」にベットした場合 「2」「3」「4」は「2倍」、「2」「2」「4」は「3倍」、「2」「2」「2」は「4倍」 ・「ペア」 ペアは、3つの出目のうちの2つの出目の組み合わせを当てる賭け方で、組み合わせのパターンは「全15通り」、配当は「6倍」です。 (例)「2と3」にベットした場合 「2」「3 」「5」は勝ち、「2」「4」「5」は負け ・「トータル」 トータルは、3つのサイコロの合計数を当てる賭け方で、「1のゾロ目」と「6のゾロ目」を排除した「4〜17」に賭けることができます。配当倍率は、出目の合計によって異なります。 出目の合計配当倍率460倍530倍617倍712倍88倍96倍106倍116倍126倍138倍1412倍1517倍1630倍1760倍 ・「ダブル」 ダブルは、3つのサイコロのうち選んだ数字の2つがゾロ目になれば勝ちとなる賭け方です。「1・1」「2・2」「3・3」「4・4」「5・5」「6・6」の計6種類があり、配当倍率は「11倍」です。 ・「エニートリプル」 エニートリプルは、3つのサイコロの出目がゾロ目になれば勝ちとなる賭け方です。数字は1〜6のどの数字でもOKです。配当倍率は「30倍」となっています。 ・「トリプル」 トリプルは、プレイヤーの選んだ数字のゾロ目(1,1,1等)が出た場合勝ちとなる賭け方です。配当は、シックボーの中で最も高い「180倍」です。…

マネーホイールの基本ルールを徹底解説

マネーホイールの基本ルール マネーホイールの円形の盤面(ホイール)は一般的に54の区画に分けられています。それぞれの区画に数字と色が記されています。 区画には「1」「2」「5」「10」「20」「40」の数字が記されています。この数字は配当を意味しており、「1」が当たれば配当も「1」でベット金額に「1」プラスされた金額となり2倍の配当を得ることができます。同様に「2」であれば、ベット金額の2倍がプラスされ3倍の配当が得られることになります。 配当の低い「1」が盤面上に最も多く配置されており、配当の高い「20」や「40」は少なく配置されています。 また、カラーベットのできるマネーホイールは6色ずつに分けられているのが一般的で、どの色に賭けても配当倍率は5倍となります。 このように、54区画に分かれたホイールのどこで止まるかを予想し、数字や色にベットするというシンプルなルールです。1ゲームで複数の数字や色に賭けることも可能となっています。 マネーホイールのベット方法 マネーホイールのベット方法は簡単で、各数字やカラーの記されたテーブルに予想した数字やカラーの部分にチップをベットするだけで完了です。参加している全プレイヤーのベットが終了すると、ディーラーがホイールを回します。 ホイールの回転は徐々に弱くなり、止まった場所が当選数字となります。 マネーホイールの種類 一般的なマネーホイールは54区画に分かれたものが主流となっていますが、イギリスなどでは52区画が主流となっています。 また、カジノによってホイールの区画に「JACKPOT」や「マルチフライヤー(ベット額が5倍や7倍にされ次のゲームにベットが持ち越される)」があったりと様々です。 基本的な数字はどのカジノにおいても変わらないですが、高額配当となる少ない区画にカジノ毎の工夫がされているケースが多いのがマネーホイールの特徴です。 マネーホイールのハウスエッジ ハウスエッジとは、プレイヤーの賭け金に対するカジノ側の取り分のことです。このハウスエッジによって、カジノ運営を行っていると言われています。大きくは法律で定められており、その範囲で各ゲーム毎に定められています。 ルーレットでは約3.0%、バカラでは約2.0%なのに対し、マネーホイールは約10.0%とハウスエッジが高く設定されています。10ドル賭けた場合、1ドルがカジノ側の取り分として失うことになるのです。 マネーホイールはハウスエッジが高く設定されているため、長時間遊ぶカジノゲームには向いていません。「気分転換」や「運試し」程度にプレイすることをおすすめします。 マネーホイールの配当 一般的なマネーホイールの配当をご紹介します。 数字ホイール上の数倍率124スポット2倍215スポット3倍57スポット6倍104スポット11倍202スポット21倍40(JACKPOT)1スポット41倍マルチフライヤー1スポット次ゲーム配当に5倍ANY HIGHT13スポット3倍Against 130スポット1.5倍カラースポット8スポット5倍 「JACKPOT」や「マルチフライヤー」などはカジノによってある場合と無い場合があります。オッズはベットテーブルに記されているため、丸暗記する必要はありません。 まとめ 今回は、マネーホイールの基本ルールについて解説してきました。マネーホイールは盤面の止まる場所を予想し、ベットするだけと簡単なルールのためカジノ初心者の方でもすぐにプレイすることができます。 しかし、ハウスエッジが約10.0%と高めに設定されているため長時間プレイすることはおすすめできません。気分転換や運試し程度の少ない回数で楽しむようにしましょう。

テキサスホールデムとは?ルールやゲームの流れを徹底解説

テキサスホールデムとは テキサスホールデムとは、フロップポーカーの一種で、フロップポーカーの特徴はテーブルに「コミュニティカード」と呼ばれる参加者全員が自分のハンドとして使用することができる共通のカードがあります。 各プレイヤーは、ディーラーから配られた2枚のホールカード(伏せられたカード)と、5枚のコミュニティカード(ボードに開かれたカード)の計7枚を使用して最強のカードハンドを作って勝負します。 テキサスホールデムのルール テキサスホールデムのルールを知らない方は多いのではないでしょうか。ここでは、テキサスホールデムのルールについて解説します。 1.各プレイヤーに伏せた状態のカードが2枚ずつ配られる まず、各プレイヤーに伏せたカードが2枚ずつ配られます。 テキサスホールデムでは、各プレイヤーに配られるカードは2枚のみで、交換や追加をすることはできません。 2.コミュニティカードと呼ばれる全プレイヤーが使用できるカードが3枚出される 各プレイヤーに伏せたカードを2枚ずつ配り終えると、コミュニティカードと呼ばれる全プレイヤーの共有カードが3枚テーブルに出されます。 3.最終的にコミュニティカードは5枚出される コミュニティカードは最大5枚まで出されます。 コミュニティカードの枚数は必ず5枚出されるのではなく、参加プレイヤーが追加でコミュニティカードを求めた場合のみとなります。 そのため、コミュニティカードが最低枚数の3枚で勝負が行われるケースもあります。 4.コミュニティカードと各プレイヤーの手札2枚で最強の5枚の役を作り勝負 最終的に、最大5枚のコミュニティカードと各プレイヤーの手札2枚で各プレイヤーが勝負することになります。 各プレイヤーの手札2枚をオープンし、手役が一番強いプレイヤーの勝利となり、それまでの各プレイヤーのベット額を総取りすることができます。 テキサスホールデムのゲームの流れ 1.ベットする 2.各プレイヤーに手札が2枚配られる 3.手札が良ければ追加ベットする 配られた2枚のカードで勝負するか降りるかをまず判断します。 勝負する(追加ベットする)と決めた時点でコミュニティカードが3枚テーブル上に配られます。 4.手札とコミュニティカードからアクションを選択する 2枚の手札と3枚のコミュニティカードで「ベット」するか様子見の「チェック」をするか判断します。 「ベット」、「チェック」のどちらを選んでも4枚目のコミュニティカードが配られます。 5.5枚目のコミュニティカードが配られ相手と勝負する 4枚目のコミュニティカードが出てから、「ベット」または「チェック」の判断後、5枚目のコミュニティカードが配られます。 5枚のコミュニティカードが出た時点で、各プレイヤーの手札をオープンして勝負となります。この時点で、手役が一番強いプレイヤーの勝利となります。 テキサスホールデムの手役のご紹介 テキサスホールデムをプレイする際は、必ず手役を覚えておく必要があります。 ここでは、テキサスホールデムの手役について弱い順に紹介していきます。 ・ワンペア:ペアカードが1組揃った状態 ・ツーペア:2組のペアカードが揃った状態 ・スリーカード:3枚のカードが揃った状態 ・ストレート:数字が並んだ5枚のカード ・フラッシュ:同じマークのカードが5枚 ・フルハウス:「ワンペア」+「スリーカード」の状態 ・フォーカード:4枚のカードが揃った状態 ・ストレートフラッシュ:「ストレート」+「フラッシュ」で、同じマークでかつ数字が並んだ5枚のカード…

x
No Deposit Bonus